高圧洗浄機ケルヒャーと水道の接続の悩み解消。タカギ製ホースリールのアダプターでケルヒャーK2/K3/K4/K5の給水ホースの代用可能

高圧洗浄機ケルヒャーを購入したいけど、水道蛇口との接続が不安。

だんな

ホームページを見てもどの給水アダプターを買えば良いのか分からない。

だんな

家の水道とケルヒャーの接続出来なかったらどうしよう。

私がケルヒャー「高圧洗浄機 K 3 サイレント」を購入しようとした際に、困った点でした。

結論から言ってしまえば、タカギ製ホースリールで代用可能でした。

我が家のケルヒャーとホースリールの画像で説明します。

目次

ケルヒャー「高圧洗浄機 K 3 サイレント」は水道とのセッティングに給水ホースの別購入が必要( ※ K2/K3/K4/K5も同様 )

ケルヒャーの「高圧洗浄機 K 3 サイレント」には本体以外の付属品として洗浄ノズルとそのホース、ノズル2種が付属されています。

水道から高圧洗浄機との接続の付属品は付いていません。

付属品
  • 10m高圧ホース
  • トリガーガン
  • サイクロンジェットノズル
  • バリオスプレーランス

水道との接続ホースセットは別のパーツとして販売しています。

ケルヒャー(Karcher)
¥2,100 (2024/04/08 12:49時点 | Amazon調べ)

でもこのホースセットが家の蛇口に接続できるか?

もしも接続出来なかったら全て無駄になってしまう、と不安でケルヒャーの購入に踏み切れませんでした。

ケルヒャーK3の水道蛇口との接続ホースは家庭用の散水ホースリールと同じ=代用可能

※記事の写真のケルヒャーK3は旧モデルですが、現行モデルも同様の接続です。

家にあるタカギ製ホースリールで代用|水道とのつなぎ方はケルヒャーもホースリールも同じ

ケルヒャーの購入前から使っていた散水ホースリールがありました。

よく見かけるタカギ製のホースリール。青いホースのこれです。

無論、コンパクトタイプのこちらでもOK。

これを使っているのであれば、アダプターと接続ホースがケルヒャーにも使用可能です。

水道の蛇口の形状と、ケルヒャーの接続ホースとのサイズが合うか?ちゃんと蛇口に固定できるか?

不安でしたが、すでに使用しているホースリールの接続が流用出来ることが分かりました。

タカギホースリールの接続ホースが、ケルヒャーにも接続できる様子は写真の通り。

だんな

ケルヒャーと水道の蛇口との接続は、タカギ製ホースリールで代用可能!ケルヒャー専用で接続ホースの購入は不要で助かった。

接続ホースは純正品じゃなくてOK、規格形状なので他社のジョイントニップルを流用可能

ホースリールがない場合、接続ホースの購入が必要になります。

その場合でもタカギ製の送水ホースで問題ありません。

高圧洗浄機本体を給水蛇口の近くに置ける環境であれば、短いホースで十分です。

タカギ製は最短2mのラインナップなので、少しコスパが良いです。

もちろん、公式品の安定感、色の統一感といった満足感は公式品の方が得られそうです。

ここは好み次第ですね。

タカギ(Takagi)
¥1,964 (2024/04/13 08:36時点 | Amazon調べ)
ケルヒャー(Karcher)
¥2,100 (2024/04/08 12:49時点 | Amazon調べ)

まとめ|高圧洗浄機と水道蛇口との接続はタカギ製の散水用ホースリールで代用可能。既に使用していれば接続ホースの購入不要

ケルヒャーの高圧洗浄機はとても便利です。車の洗車や庭掃除、窓掃除が時短で綺麗に出来て最高です。

ただ付属品が細分化されているので、どれを買えば良いのか?

どれを買えばちゃんと使えるのか?

どこまで付属品を揃えなければいけないのか?迷ってしまいます。

結論、既にタカギ製の散水用ホースリールを使っているなら、接続ホースの心配はないです。

高圧洗浄機本体だけ購入すれば、快適な高圧洗浄ライフを送れます。

高圧洗浄機と水道蛇口と接続は、タカギ製ホースリールで代用可能

もし、水道蛇口からのケルヒャーK3への接続にお悩みの方がいれば是非ご参考ください。

スタンダードセット(トリガーガン、ジェットノズル、高圧ホースのみ)であれば、¥1,000〜¥1,500 安くなります。ブラシや自給ホースが不要な方はスタンダードセットをオススメです。

人気のコンパクトサイズ、ケルヒャー高圧洗浄機K2も接続は同様。

ケルヒャー(Karcher)
¥22,755 (2024/04/09 09:26時点 | Amazon調べ)

散水ホースリールと高圧洗浄機|両方使いこなして楽しい散水ライフを

便利なケルヒャー高圧洗浄機と散水ホースリール。

日常的な水撒きにはホースが簡単に収納できる散水ホースリールが圧倒的に便利です。

この点、ケルヒャー高圧洗浄機はホースが硬くて簡単に伸ばすことができず、取り扱いが面倒です。

普段の水撒きは普通のホースリールで十分。

車の洗車や庭掃除、デッキの掃除には高圧洗浄機のケルヒャーが圧倒的に便利です。

溜まった汚れを、水の高圧洗浄だけで綺麗にすることができます。ホースリールのように水道蛇口からの水圧では不可能な掃除が、水の力だけで可能です。

奥様

ケルヒャーなら、ブラシで磨かないと落とせないようながんこな汚れも、水だけの力で簡単落とせます。感動!!

用途に応じて、どちらも便利です。うまく使い分けて、楽しい散水ライフをお過ごしいただければと存じます。

※ケルヒャーのノズルについても解説まとめています。興味があればこちらも参考ください。

おまけ1|タカギ製ホースリールの水道蛇口ジョイントアダプターの進化

お気に入りのタカギ製ホースリールですが、長期間使用すると劣化は避けられません。

この度、買い直したらタカギ製ホースリールの蛇口接続の形状が進化していました。感動したので最後に紹介。

新しいアダプターはネジ絞め不要!手絞めで固定可能、進化を続けるタカギホースリール

左側写真が古い仕様、右側が新しい仕様です。

新しい仕様はネジ止めが不要で接続可能なため、蛇口に傷が付かないし取り外しが楽でいい感じでした。

ケルヒャーの純正アダプターも左側のアダプターと同じ構造です。そう言った意味ではタカギ製ホースリールの流用の方が優秀です。

だんな

古いタイプのネジ固定は蛇口が傷つくので優しめにネジを締め付けると、たまに水圧で外れて、びっくりすることが多々ありました。

アダブターが外れた勢いで、水を被ったこともあったよね!

ホースリールやアダブターは、ゴム製品なので屋外に置いておくといずれ劣化して買い替えが必要になります。

アダプターの水漏れであれば、アダプターだけ交換すれば継続して使えるので、部分交換の際は最新アダプターを使ってみてください。感動します。

タカギ(Takagi)
¥700 (2024/04/11 18:38時点 | Amazon調べ)

従来構造ので工具、ドライバー不要タイプのアダプターもあり

蛇口のサイズが長いタイプなどは従来同様の差込タイプで固定が必要ですが、その場合も工具不要で取り付け可能なアダプターが発売されています。

従来のネジ固定タイプは取付け、取り外しが非常に手間だし、3カ所の固定で蛇口に傷が付く点が不満でした。この工具不要タイプであれば、手作業で簡単に接続出来て重宝しそうです。(手作業で取り付ける1点はネジ固定なので蛇口は1カ所傷がつきますが。)

おまけ2|外に蛇口が無い場合は家の中から給水ホースをつなぐ。洗濯機用蛇口がオススメ

そもそもベランダや庭に水道がない場合は高圧洗浄機は使えないのか?

大丈夫、外に蛇口がなければ家の中の蛇口を使えば良いじゃない。

そう、家の中には蛇口がいっぱいあります。しかも、どの家にも同じ形状であることが多い、蛇口があります。

洗濯機の水道蛇口です。タカギさんの製品ラインナップは実生活に寄り添った工夫が多く、交換持てますね。

おまけ3|おしゃれなブラウンカラーのタカギホースリール「NANO NEXT」

タカギホールリールにはおしゃれなブラウンカラーのホースリールもあります。

落ち着いたブラウンカラーで庭先や玄関などに馴染んで良い感じです。

写真の通り、シャワーヘッドもコンパクトに収まるようになっています。

ホースリールって、シャワーヘッドが外に飛び出してしまうので、生活感が出てしまいます。

このRM1110BRは、シャワーヘッドもホースリールの内側に収まるので、一目ではホースリールとわからず生活感が控えめです。

また、シャワーヘッドの根元が稼働ジョイントになっているのでホースリールの弱点であるシャワーヘッドの根元の部分の劣化が抑えられることも期待出来ます。

おまけ4|ケルヒャーを購入の際は地域の電源周波数に合わせて選ぶ。東日本地域50Hz、西日本地域60Hz周波数の区分け

日本の電源周波数は東日本地域50Hz、西日本地域60Hzとなっています。

ただ、境界は地域分類と完全に一致しませんので、不安があれば電力会社に問い合わせすることをオススメします。

50Hz地域(東日本)
  • 北海道
  • 東北地方+新潟県一部地域
  • 関東地方+山梨県+静岡県一部地域
60Hz地域(西日本)
  • 中部地方(山梨県は除く、新潟県と長野県の一部地域は除く)
  • 関西地方
  • 中国地方
  • 四国地方
  • 九州地方
  • 沖縄地方

ケルヒャーK3サイレント|東日本地区用

ケルヒャーK3サイレント|西日本地区用

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次